こんにちは、旭川の塗装業者ケエブズ株式会社WEB部長のナガオです。

ケエブズでは、アステックの超低汚染リファイン1000Si-IR(長いので以下リファインで)の暴露試験板を設置しています。

こんなの↓この試験板は、塗膜性能の特に汚れにくさについて試験するためのものです。やっぱり現物の方がメーカー提供の画像よりも信憑性というか、説得力がありますよね。

これまでも沢山のお客様に採用いただいていましたリファインSi、自慢の遮熱性能については実験キットでわかっているのですが、汚れの付き難さについては自然下においてでないときちんとした評価ができません(もちろんメーカーの試験結果はきちんとありますが)ので、暴露板をお取り寄せして会社の前に設置してあります。

実は設置した当初は真ん中だけが汚れていました(゜o゜;ドウイウコッチャ

正直マジか!?と思ったのですが、忘れて暫く放置状態になっていました。暫くして思い出して見てみるとアラ不思議、真ん中だけがキレイに!笑

真ん中の色が明るく汚れが目立ちやすいにも関わらず、白い状態を保っています。というか洗い流されたのでしょう。この塗膜は超親水性の塗膜で、普通に表面に汚れが付くのですが、水が掛かったときにその水が汚れの下を通って流れる(セルフクリーニング性能と言います)ので、汚れが付かない、というか後から綺麗になる不思議な機能を持っています。リファインで塗装した家はこの性能によって美観を保つことができるわけです。すごいですねー\(^o^)/

期待通りの結果が出てホッとしたと同時に、これから「さらに」自信を持っておすすめできる塗料になりました!ご希望の方には遮熱の実験キットで実演もできますのでお問い合わせください。

では~

こんにちは、旭川の塗装業者 ケエブズ株式会社WEB部長のナガオです。

先日、会社のパソコンの画像を整理していたら

こんなのが出てきた。

ちょっと見ただけではなんの画像かわからなかったのですが、外壁の一部を交換して塗装したものでした。2色仕様はたまにやるのですが、コレ3色なんです(゚д゚)!ドコ直したかは、まあよく見たらわかっちゃうのですが、工程を見るとよく出来てるなあと思ったので紹介しようかと(^^)

まずは壊してしまったサイディングを張り替えます。下の部分、色も模様も違うものです。ブログのどっかで書いていたと思うのですが、サイディングは製造後数年で生産が終了してしまうので、リフォーム時期や、誤って壊してしまった場合などに同じものが用意できない場合が多々あります。その場合はなんとなく似たような模様のものを使用します。

 

まずベースカラーとして目地の濃い色です。

 

次に2番めに濃い色を表面にサッと塗る感じでのせていきます。

 

次に一番明るい色を、コテバケに付けた布に塗料を染み込ませたもので擦りつけ、ぼかすように塗っていきます。大分ふいんき、いや雰囲気が似てきましたね。

 

最後に、なんか点のようなものを付けて完成です。厳密には点ではないのですが、新しいサイディングにはこのくぼみが無いので、点で表現しました。

こんな変わった塗装もできますよって言う記事でした。塗装って絵を描くように、場合によってはアイデア次第でいろんな表現が出来るんです!

では~

1 2 3 4 14