こんにちは、ナガオです。

今、ある記事を書いていて思いついたのですが、それは家の換気のことです。

家の換気について皆さんはどうお思いでしょうか。

例えば24時間(集中)換気の家で、冬は寒いから切っちゃえー、とかやってませんか?

 今現在何でもなければ良いのですが、換気を止めるということは家の中の空気の流れを止めてしまうことです。特に最近の高気密住宅は換気ファンが回らないと外気の取り込みができず、家の中の空気が入れ替えできなくなってしまい、色々なところが結露してしまいます。汚れた空気の交換もできなくなってしまいます。中には設計段階で換気量が少ないのでは、と思われる家もあります。

 対して旧い家は、自然に換気できるように設計されているので、問題ないことが多いかと思います。しかしやはり同じように寒いからと言って換気口を塞いでしまうと窓に結露するようになってしまうと思います。

 結露が起こる原因は、だいたい皆さんおわかりかと思いますが、超簡単に言うと湿気を含んだ空気が急激に冷やされた場合に起こります。蒸し暑い日とかにコップに冷たい水を入れたときになるやつですね。

あれと同じ現象が家でおきます。ひどいとカビハウスになることもあります。

詳しくは、露点温度とか冬に結露が多いのは相対湿度のせいだとか色々あるので、ここを見ているような人はネットで調べたほうが早いし正確だと思います笑

 

「カビは人を殺す」と、とある換気のエラい人は言います。

ずっと原因不明の体調不良で寝込んでいたような人のいる家の換気設備を見直したら、段々と身体の調子が戻り、元どおり元気になったという嘘のような事例があったそうです。

たかが換気と舐めてはいけませんよ!

現状結露やカビでお悩みの方が居ましたら、施工事例多数ありますので安心してご遠慮なくお問い合わせ下さい。

また、外壁塗膜のすごい剥がれや何度直してもすぐに壊れるサイディングの損傷が改善できることもあります。

結局宣伝になってしまいました^^;では~